寝たきりになりたくない①介護と運動

2022年6月23日

「寝たきりになりたくない」

「自分の事は自分でしていたい」

「いつまでも歩いていたい」

この仕事をしているとよく耳にする言葉です。

いわゆる「老後の不安」の一つですね。

私が理学療法士として働き始めて

今年で18年目です。

このうち17年は何らかの形で

介護保険に携わってきました。

そのため、こういった話はよく耳にしました。

・寝たきりになる

・自分の事ができなくなる

・歩けなくなる

ちょっと考えただけでも

「ゾッ」としますよね?

言葉にするのも嫌で

恐怖すら感じる人もいると思います。

でも、これから書くことを見れば

・手立てがある

・そんなに怖くないのかも?

と思える内容にしたいと思いますので、

最後まで見て下さいね。

また、

「私はまだそんな歳じゃない」と思う方も

あなたのご親族で

「老後の不安」を抱えている人がいるかもしれません。

読んでおけば後々、役に立つ事があると思います。

「寝たきり」の状態は、事故や病気などで突然起こることもありますが、

一般的には介護が必要な状態となって、その状態が悪化し

順を追って寝たきりに移行していきます。

そのため、まずは寝たきり状態の前に起こる

「介護が必要な状態」の原因について説明していきたいと思います。

介護が必要になった原因として一番多かったのは認知症(18%)です。

続いて脳血管障害(16%)、高齢による衰弱(13%)、骨折・転倒(13%)、関節疾患(11%)の順となっています。

この数字からも、病気によるものより高齢者特有の身体の変化が、

原因となっていることが見受けられます。

もっと分かりやすく抽象的に分類すると

「病気によるもの」

「高齢によるもの」

「認知症によるもの」

それぞれ

病気が46%、

高齢によるものが36%

認知症が18%

更に

認知症を「高齢によるもの」に含めて分類すると

病気が45%

高齢によるものが55%

と高齢によるものの方が

多いことが分かります。

病気の予防は、定期的に病院で検査を受ける事が重要です。

例えば血圧が高いと脳血管や心臓の病気など血管系の病気になるリスクが高まります。

血糖値が高めであれば、糖尿病のリスクが高まります。

脳ドックでは未破裂脳動脈瘤の有無が分かったりします。

未破裂脳動脈瘤に対しては予防的な手術も存在しています。

病気の予防についてあげると多々ありますが、

今回は、病気の予防については省かせていただき

「高齢によるもの」に関してお話させて頂こうと思います。

高齢によるものは、

ご想像の通り高齢になり体力が低下し

転倒して骨折する。膝や腰が悪くなって歩きにくくなる。

などして活動性が低下して徐々に弱っていくことで起こります。

「歳だから仕方ない」とよく聞きます。

確かにその通りですが、

同じ90歳でも

寝たきりの人もいれば

元気に一人で買い物へ行くことができ、

お友達と旅行に行ける人もいます。

その差は何でしょうか?

もちろん病気の有無も影響していますが、

栄養

運動

痛み

この3つが大きく影響していると考えています。

これは

私が訪問リハビリ業務に約10年携わり、

長年、同じ方に関わった中で感じた事です。

栄養や痛みは省かせていただき、

今回は運動にフォーカスしてお話していきます。

運動の大切さは、

訪問リハビリを10年間受け続け身体状態が大きく変わらず

維持している方々がいたことで感じる事ができました。

訪問リハビリは要支援もしくは要介護にならないと受けることができません。

要支援・要介護になってからの10年間といっても

なかなか想像つかないですよね?

たとえば…

自分の身の回りで

・杖をついて歩いている

もしくは

・シルバーカーを押している

75歳くらいの方はいらっしゃいませんか?

その方が、10年経っても

今と同じように

・杖をついて歩いている

・シルバーカーを押している

ところを想像してみてください。

それって

凄くないですか?

でも、リハビリを継続している人には

そういった方がいます。

そういった方が受けているリハビリは、

特別な事をしている訳ではありません。

毎週1回~3回

身体を動かしやすい様にほぐして、

筋トレなどを継続しているだけです。

それだけで大きく違うのです。

もっと詳しくお話したいところですが、

情報量が多くなりすぎて何が言いたいのか?

分からなくなってしまうので、

今回はここまでにしたいと思います。

次回は

「寝たきりになった原因」についての統計を用いて、

また、認知症の予防についても

ご紹介させていただきます。